お知らせ

「土用の丑」ってどういう意味?

今年は7/21と 8/2が「土用の丑の日」です。2回もあるんですね。

 

「土用」とは「四立(立春、立夏、立秋、立冬)」の前18日間を指します。季節の変わり目のことですね。「土」は「胃腸」を意味します。食べ物に関わります。

この期間は胃腸をいたわって、しっかり栄養をとって夏を乗り切ろう!そして季節の変化で体を壊さないようにしよう!というキャンペーン期間みたいなものです^ー^

 

「丑の日」とは何かと言うと、昔の暦では日付にも十二支(子丑寅卯、、、)を割り当てて使用していました。12日で一周する計算ですね。

つまり。土用の期間中に丑が割り当てられた日が「土用の丑の日」というわけです。

 

なぜ丑の日にウナギを食べる習慣になったかというと、江戸時代の発明家、平賀源内の”発明”です。

源内が知り合いのウナギ屋に、夏にウナギが売れなくて困っていると相談され、丑の日に「う」のつく食べ物を食べると縁起がいい、という風習を利用して「夏土用の丑の日=ウナギを食べて夏を乗り切ろう!」というキャッチコピーにしたんだとか。

とても繁盛したそうですよ。それ以来、夏土用にウナギ、というのが定着したそうです。

 

確かにウナギはビタミン、ミネラル、DHAなども豊富で、夏バテ予防や疲労回復にピッタリの食材ですね。単なる迷信でなく、ちゃんと理にかなっているからこそ現代まで続いているのでしょうね。

 

ちなみに土用は「土曜日」とは何の関係もありません^^