お知らせ

【慢性の腰痛でお悩みの方のためのセルフケア】

 
腰がつらいので、
 
・ずっとマッサージに通っている。
・電気や牽引もしてもらっている。
・シップや塗り薬も毎日している。
・痛み止めも効いたり効かなかったり。
・テレビで見た体操も頑張ってやっている。
 
でも、なかなか腰の痛みが取れない、、、
 
という方は、
 
「ココ」の固さを見逃しているかもしれません。
 
 
股関節、とくに前側の股関節の固さです。
 
 
 
【股関節が固くなる理由】
 
慢性的に腰痛があると、猫背のような状態でいることが多くなります。
腰を立てておくのがしんどいからです。
その状態が長引くと、股関節が曲がった状態で固くなりやすくなります。
 
 
【なぜ股関節が腰痛に関係するのか】
 
股関節が曲がったまま固くなると
骨盤の動きが悪くなります。
すると、「腸腰筋(腰をしっかり立てる筋肉)」が働きにくくなります。
歩いても蹴る足がしっかり残らず、すり足のようになってしまいます。
 
腸腰筋が働かないと背中側の筋肉だけで体を支え続けることになり、
腰の痛みが続くことになります。
 
 
【慢性腰痛解消の股関節ケア】
 
テニスボールを一個、ご用意下さい。
 
動画でやり方を解説しています。
https://youtu.be/HQ41DAqn8gA
 
 
※股関節の手術をされている方はやらないで下さい。