お知らせ

体内に「湿」を溜めてしまうもの<感情編>

これまで体内に湿を溜める要素として、<気候><飲食物>があるとお話ししました。

今回はもう一つの要素<感情>についてです。

 

【こんな感情が影響します <思> 】

 

クヨクヨ思い悩むことが湿を呼び、湿がたまるとクヨクヨが出てくる、、、ということが起こります。

ストレスは胃や十二指腸にダメージを与えることが判っています。

 

<解消方法>

こんなものは発散するのが一番!

、、ですが、こういう状態になってしまうとなかなか立ち直りが難しいのも事実。

湿邪が体内にあるということは、胃腸がへばっている状態のため、常に心身が「しんどい」のです。

これでは健全な思考や前向きな発想は生まれにくいですよね。

こういう時は、無理にポジティブな思考をしようとしてもできません。むしろ逆効果かも。

ココロとカラダは深く繋がっているので、

・軽い運動(散歩、ストレッチ、ヨガ等)

・深呼吸(外の空気を吸う)

・太陽を浴びる

・空を見上げる など

案外すっきりしますよ。

三週間続けてみると、少し体の感じが変わってくるのがわかると思います。

<食事><運動><お灸>

で、湿邪から脱出しましょう!