お知らせ

冬こそストレッチ!

寒い「冬」こそストレッチ!

寒くなると自然に体に力が入ってしまい、疲れやコリ感、手足の冷えが強くなりがちです。こんな時期こそ運動やストレッチで血行を良くしておきたいですが、間違ったやり方では逆効果になることも。

 今回は正しいストレッチについてお伝えします。

 

正しいストレッチは「伸ばす」でなく「待つ」!

ストレッチというと、「筋肉をギューッと伸ばす」と思いがちですが、そうすると体の防御反射で、かえって筋肉は固くなります。

無理に筋肉を伸ばすと、ゆるむどころか痛みがきつくなることもあります。

反動をつけてグイグイ伸ばすのはもっとダメですよ!

ポイントは「動きを止めて、深呼吸する」です。

色々なストレッチがあると思いますが、

ここでは全てのストレッチに共通するポイントについてお伝えします。

 

①まずは体の力を抜く(ゆっくり深呼吸)

いったん体の力を抜いて、ニュートラルな状態にリセットします。

「これからストレッチするぞ!」と意気込み過ぎないようにして下さい^^

 

②筋肉を伸ばす位置まで動かす

それぞれのストレッチ方法は図解や動画で解説されていると思いますが、

「このポーズをとりましょう」という形があると思います。

その形まで体を持って行って下さい。

 

③ツッパリ感を感じたら、その位置から少しだけ戻す

限界ギリギリまで行くと筋肉にツッパリ感が出ると思います。

そこからほんの少しだけ戻して(緩めて)、ちょっとツッパリ感を感じる

程度のところでキープします。

 

④その姿勢のままゆっくり深呼吸する

ギューッと伸ばしたり、グイグイ動かしたくなるかもしれませんが、

その姿勢のままキープして、深呼吸をしましょう。

体が緩んでくれます。

ゆるむ感じかわからなければ深呼吸5回分くらいで。

 

⑤ツッパリ感が軽くなってきたら、ゆっくり姿勢を戻す(脱力する)

ニュートラルな姿勢に戻ったら、ちょっとその状態を味わうくらいに落ち着いてやってみて下さい。

 

 いかがでしたか?

 特に肩まわりや肩甲骨(背中)のストレッチをしておくと、

今の時期は風邪予防にも効果的です。

ぜひあなたの日常に取り入れてみて下さいね!