お知らせ

正月太りと気だるさの理由

毎年この時期になると、

「正月に食べ過ぎて太っちゃった」

「眠くてだるくて仕方ない」

といった方が増えます。

かくいう私も今年の正月こそ食べ過ぎないように、、、

と、毎年言ってる気がします(笑)

 

いわゆる「正月太り」は、ゆっくり休みが取れて、ご馳走が並ぶ正月だからーーーというだけではないようです。

 

気候のせいかも?

原因の一つに、

「季節性情動障害」が考えられます。

「冬季うつ」とも言われるもので、冬の天候が体調や気分に影響する、ということが報告されています。

うつ、と言ってもこの場合、気分が落ち込んだりやる気が出ないというよりも、

①過食

②過眠

③体重増加

といったことが特徴的に現れるようです。

簡単にいうと「冬眠状態」です。

 

・食べても食べてもお腹が減る、いくらでも食べられる

・いくらでも眠れる、寝ても寝ても寝たりない

・そんなに食べ過ぎてないのに妙に体重が増える

・そんで、しんどくなっちゃう、疲れが取れない

 

という方は、おせちのせいじゃなくて気候のせいかも知れません。

 

解決法

冬の気候の特徴は「日照時間が少ない」ことです。これによって上記の症状が出やすくなるので、簡単な解決方法として

①早朝に日光を浴びる

②軽めの運動(ストレッチ、散歩、深呼吸)をする

③夜は早めに寝る

を試してみて下さい。体が調いやすくなりますよ。

それでもしっくりこない、という方は当院へお越しください。

鍼灸は、こういった「季節とカラダを調和させる」ことが可能です。

 

落ち着かない世情の昨今、少しでも心身の状態を良くして乗り切りたいですね。