お知らせ

花粉症の対処法

この季節になると花粉症に悩む方も増えてきます。

ここでは、

『薬に頼らない!花粉症の克服法』をお伝えします。

 

①マスク、ゴーグルを使う

花粉症は

『目や鼻の粘膜に、花粉が着く』ことで起こります。

花粉をつけないように、粘膜をガードしましょう。

 

②服の素材に気をつける

 

花粉を持ち歩かない、持ち運ばないように服の素材にも注意します。

ナイロン素材のものが良いです。

 

③家に入る前に落とす

花粉を家に持ち込まないようにしましょう。

玄関先で払い落とすのも良いですが、服の素材によっては払いきれないこともあります。

粘着テープだと効率的に取れます。

 

④室内の花粉を排除する

粘着テープやお掃除シートなどで床やカーペットの花粉を拭き取ります。

掃除機だと花粉が舞い散りやすくなります。

 

⑤手洗い、洗顔、うがい

風邪やインフルエンザ対策と同じですね。

皮膚についた花粉を洗い流します。

できれば帰宅後は早めに入浴/シャワーしましょう。

 

 

花粉症は「季節性アレルギー」です。

アレルギーの大原則は「原因物質=アレルゲンを寄せ付けないこと」。

 

しかしそれだけでは克服することにはなりません。

症状を軽減/緩和するためには「体質の改善」がとても大事です。

 

花粉症は、ここ数十年で一気に症状を訴える人が増えたものだそうです。

様々な原因が考えられますが、

大きく2つ

 

①環境の変化

②体質の変化

 

が考えられます。

 

①環境の変化

・工場の排煙などで大気の汚染が進み、花粉と合わさることでアレルギー症状を起こすようになった。

・道路が舗装されて、花粉が常に舞い続ける状態なった。

・住宅の気密性が高くなり、室内の通気性が悪くなった。

 

②体質の変化

・食生活のスタイルが変化し、消化器(胃腸など)に負担がかかるようになった。

・深夜型の生活になり、心身を休める時間が減った。

・心身のストレスを受ける生活が続いている。

 

 

①の「環境」は一人ではなかなか変えられませんが、

②の「体質」は、ある程度自分でコントロールできます。

 

薬に頼るのも、限度がありますよね・・・

 

「胃腸の負担と花粉症って、何が関係あるの?」

「ストレスって、、悪いのは花粉のせいでしょ?」と思われるかもしれません。

 

しかし、②にあげたものは、特に

「粘膜」にダメージを与えます。

 

粘膜は鼻、口、目、ノド。それから食べ物を食べて消化吸収し、排泄するルートにあります。

外敵から体を守ったり、必要なものを取り入れる大切なものです。

 

粘膜に負担をかけすぎて、体を保護する免疫機能に異常が現れた状態が

アレルギーです。

 

花粉症の症状に悩まされている方は、

以下のことに気をつけてみて下さい。

幾つの項目が当てはまるでしょうか?

 

 

・食べ過ぎない

「胃腸に負担をかけすぎない」ということです。

消化〜吸収〜排泄に無理がかかると、胃腸の粘膜がダメージを受け、症状悪化の原因になります。

✔︎食事の時間が不規則(特に夜は遅い時間に食べる)

 

✔︎早食い(あまり噛まずに飲み込んでいる)

 

✔︎食後はしんどい(お腹が重い、気づいたら食べ過ぎてる)

 

✔︎インスタント食品、スナック菓子や味の濃いもの、揚げ物などが多い

 

✔︎お腹が減ってなくても三食きちんと食べる

 

✔︎便秘がちである

 

 

・白湯を飲む

刺激物がなく、水分補給ができて、胃腸を温めることもできます。

アツアツの白湯よりも、「フーフーせずに飲める温度」がいいですね。

喉の渇きを癒すのと、体に水分を与えるのは、必ずしも同じとは限らないですよショボーン

✔︎普段からコーヒーをよく飲んでるから、水分不足は心配してない。

 

✔︎トイレが近くなるから、日中は水分を控えている。

 

✔︎味がついてないと飲み物が飲めない。

 

 

・早く寝る

内臓機能や免疫機能は、自律神経の働きを安定させることで、きちんと機能してくれます。

質の良い睡眠は自律神経の働きが安定するので、睡眠不足は大敵です。

✔︎0時以前に寝ることは、まず無い

 

✔︎朝はすっきり起きられない

 

✔︎布団に入ってからもスマホを触っている

 

✔︎入浴はシャワーで済ませることが多い

 

 

「○個チェックが入ったら、花粉症度○%!」ということではありません。

ご自分で気づいたものを、ご自身のペースでいいので改めてみて下さい。

ストレスを溜め込み過ぎず、適度に発散することも大切ですよ照れ

 

当院は鍼灸や整体で身体のバランスを調えて、

「花粉に対処できるカラダ」作りのお手伝いをしています。