お知らせ

鍼灸って何に効くの③コリ、だるさ

【肩や首のこり、腰や足のだるさにお悩みの方】

・ずっーと肩に何か乗っている感じがする
・揉んでも叩いても、全然楽にならない
・取り外して洗いたくなるくらいコリがきつい
・ストレッチをしてもまたすぐ重だるい感じになる
・抜けそうにだるくて元気が出ない

上記のようなコリ感、だるさにも鍼灸はよく効きます。

これらは多くの場合で「こり、だるさを感じる部分」に原因がありません。
なので、しんどい所に鍼や灸、マッサージなどをしても
その時に気持ちいいだけで、一時しのぎにしかなりません。

このような慢性のコリやだるさは
多くは生活習慣による疲れの偏りが関係しています。

姿勢のクセや偏りがあると特定の部分に負担がかかるため、
そこをかばおうとして違う部分に負担がかかる、、という連鎖で
最終的に循環が悪くなった部分にコリやだるさを感じます。

内蔵の不調の場合は神経の反応で
特定の部分にコリやしんどさを感じることがあります(内蔵ー体壁反射と言います)

冬でも夏でも、特定の部分が冷えることで
循環が悪くなり、コリ感を感じる場合があります。

鍼灸では
原因となる部分を、ツボの流れや内蔵機能との関連から特定し、
ツボを刺激することで循環を改善、
コリ感やだるさを解消することを得意としています。