お知らせ

鍼灸って何に効くの?①いろんなやり方があります。

鍼灸にはどういうイメージをお持ちでしょうか?

得体の知れなさや怪しさがある程度伴うのも否定できません^^;

 

「何に効くのか?」という疑問と同じくらい、

「何をするのか(何をされるのか?)」が気になる方もいらっしゃると思います。

実際、鍼灸には流派もたくさんあるし、先生ごとにやり方も違ってきます。

 

例えば、

太い針を使って施術するのが得意な鍼灸院もあれば、

針を刺したまま低周波の電気を通したり。

筋肉に何センチもしっかり刺すこともあれば、

皮膚の下に1ミリに満たない程度の刺し方もあります。

全く刺さない鍼(「接触鍼」「てい鍼」と言います)を使っている鍼灸院もあります。

 

お灸も糸のように細いもぐさをすえるものや、

最後まで燃やし切らないもの、

刺したままの針にもぐさを乗せたり、

台座(生姜、ニンニク、紙など)の上からもぐさをすえたり。

燃えるもぐさを皮膚に近づけるだけのものなどなど。

灸痕をわざと膿ませるという方法も昔はありました。

  

 

まだまだ色々な方法がありますが、

それぞれの鍼灸院によって対応している(得意とする)症状、スタイル、身体観などに違いがあります。

現在では使い捨ての針が主流になり、

鍼灸の養成学校では衛生学、解剖学、生理学、病理学なども必修科目ですので

現代医学、公衆衛生を無視した施術は行いません。

 

どの施術法(やり方)に重きを置くのか?得意なのか?

または、やらないのか?

は、鍼灸院によって違います。

症状や患者さんの体質によって使い分けているところもあります。

 

鍼灸院を選ぶ際は、

「どのようなやり方ですか?」

と確認してからだと安心ですね!