お知らせ

鍼灸の保険適用について

ご存知でしたか?鍼灸は健康保険が使える場合があります。

ただし何にでも使えるわけでなく、いくつかの条件を満たす必要があります。

①「慢性の痛み」に適用

鍼灸の保険が適用されるのは、「慢性的な痛み」に対してです。

鍼灸は病院や西洋医学でどうにもならない症状の改善や緩和に役立つことが多くあり、当院でも自律神経失調症や耳鳴り、心身の不調にも対応していますが、これらはそもそも鍼灸では健康保険の適用外です。

他にも例えば鍼灸がよく効く「冷え性」「むくみ」「めまい」「胃腸の不調」などには保険が適用されません。

 

②医師の同意書が必要

鍼灸を保険で行うには、必ず「医師の同意書」が必要です。

一般的な手続きとしては、

・まず鍼灸院でお体の状態を把握させて頂きます。

・保険適用の範囲と思われると鍼灸師が判断すれば、「同意書の用紙」と「主治医への依頼状」をお渡しします。

・患者さんご本人から、かかりつけの医院へ鍼灸の同意書を書いていただけるか問い合わせて頂きます。

・医師に同意書を記入して頂けると、鍼灸施術に健康保険が適用されます。

 

③保険適用される傷病名

鍼灸の保険は具体的には以下の傷病名に適用されます。

・神経痛(神経の走行に沿った痛み)

・リウマチ

・頚腕症候群(腕や首、肩などの痛みやしびれ)

・五十肩(肩が上がらない、動かしたりあげると痛む)

・腰痛症(腰の痛み、じっとしていても痛い、動くと痛い)

・頚椎捻挫後遺症(ムチウチなど)

・その他(医師が認める傷病名。変形性膝関節症、股関節症などが該当する場合があります。)

 

④併療の禁止

鍼灸の健康保険を行う上で、注意して頂きたいことがあります。

それは【併療ができない】ということです。

併療とは、「同じ病名で、同じ時期に保険で他の医療機関にはかかれませんよ」ということです。

厳密に言えば、鍼灸の方が保険が使えなくなるということです。病院の保険が効かなくなる、ということはありません。

併療には以下のパターンがあります。

《病院との併療》

例えば、②で同意書を頂いた傷病名と同じ治療を病院などで受けた場合、その期間は鍼灸の健康保険が適用されなくなります。病名が違えば、全く問題ありません。

《鍼灸院の併療》

A鍼灸院で保険施術を受けて、同じ期間にB鍼灸院でも保険施術を受ける、ということはできません。この場合は、違う傷病名であってもダメです。

《傷病名はひとつ》

例えば「五十肩も腰痛症も同時に鍼灸の保険で」ということは出来ません。保険適用の傷病名は一つだけです。

このように、自費施術の場合は問題ないことでも、保険適用の場合には条件がつく場合があります。

わかりにくいことも多いと思いますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

※当院では保険適用は【訪問はり灸】のみ対応しています。ご了承ください。