訪問はり灸

こんな症状でお困りの方

  • 痛みやしびれがつらいけど、足が悪くて通院を続けるのは大変・・
  • 親が自分一人では病院やリハビリに行けないので、連れて行かなくては・・でもそんな時間もあまり取れないし・・
  • ほぼ寝たきり。なんとか痛みをやわらげてあげたい。湿布や塗り薬以外で、何かいい方法はなだろうか・・
  • 骨が弱くなっているので強く揉むマッサージは怖い。でもつらさをやわらげたい・・

訪問はり灸とは

訪問はり灸が、お力になれます!

歩行困難または歩行不可能な方のご自宅または入居施設に訪問して、健康保険による鍼灸施術を行います。

杖や歩行器などや、付き添いがないと外出困難な方、認知症などで一人で外出させられないという方も対象になります。

訪問はり灸は、慢性的な痛みやしびれを軽減することで、より良い日常を取り戻す、「鍼灸リハビリ」です。

  • しっかりお話を伺いながら施術します。コミュニケーションも症状回復には大切です。

  • 施術後には動きの確認、必要に応じて高齢者用運動療法(ロコトレ)も行なっています。

  • 「ハリは怖い」「お灸も熱そう」という方には、「刺さないハリ」「燃やさない電気灸」もご用意。やさしい施術で安心です。

  • お困りの症状、施術内容の質問など、まずはお気軽にご相談下さい。初めての方は「初回無料体験」を受けて頂けます。

健康保険で訪問はり灸の手続き

健康保険で鍼灸施術を受けるには、医師の同意(同意書)が必要です。同意書は、以下の傷病名に対して発行されます。

  • 神経痛(神経の走行に沿った、身体各部の痛み、しびれ)
  • リウマチ
  • 頚腕症候群(首、肩、腕の痛み、しびれ)
  • 五十肩(肩が上がらない、動かすと痛む)
  • 腰痛症(腰の痛み、だるさ)
  • 頚椎捻挫後遺症(いわゆる「むち打ち」)
  • その他(医師が必要と認めたもの。例えば「股関節症」「ひざ関節症」など)

初回無料体験〜ご利用開始の流れ

1.お申し込み

「初回無料体験」をお申し込み頂き、訪問日時を決めます。​訪問先のご住所、お名前、連絡先をお伝え下さい。

2.体験

  • 体験施術 お約束の日時に伺い、当院の鍼灸施術を体験して頂きます。時間は20分程度です。
  • 保険の説明 体験施術終了後、「はり灸の健康保険」についてご説明します。その際に、【同意書用紙】【主治医への依頼状】をお渡しします。

「訪問はり灸を続けてみたい!」と思われたら、かかりつけのお医者さんに同意書を持って行き、記入してもらって下さい。

※やっぱり自分には合わないかな・・思ってたのと違うな・・ということでも、費用が発生したり、書類を返したり、ということはありませんので、ご安心下さい。

3.施術開始

同意書を書いて頂けたら、すぐに当院にご連絡下さい。訪問日程を調整します。同意書発行日から、鍼灸の保険施術が受けられます。
訪問予定を決め、鍼灸リハビリをスタートします!

訪問可能エリア

神戸市須磨区、垂水区、長田区の訪問が可能です。

当院から直線距離で6㎞以内の範囲です。
※区域外でご希望の方は、ご相談下さい

負担金の目安

一割負担の方の場合(施術料+往療料)

当院からの直線距離

4㎞まで
¥400
4㎞以上6㎞未満
¥450

「乳幼児医療証」「重度障害者医療証」「生活保護」「労災」取り扱っています。

注意事項

1.医療との併給不可
同意書と同じ傷病名で医師の処方(薬、湿布、その他治療)を受けると、鍼灸の健康保険は使えません。この場合、鍼灸施術分は自費負担となります。
2.保険が使える鍼灸院は一ヶ所
健康保険を使って、同じ月に2ヶ所3ヶ所と鍼灸院を掛け持ちして受けることはできません。保険外(自費)であれば掛け持ちは可能です。

「訪問はり灸 初回無料体験」時に同意書の用紙をお渡しします。