坐骨神経痛

症例

画像がありません。

【まっすぐ歩けない腰〜右脚の痛み】

60代 女性

来院までの経過

数ヶ月前に整形外科にて「腰部脊柱管狭窄症」と診断される。

腰〜右足親指の痛みが強く(激痛)、夜眠るときも足を伸ばして寝られない。腰椎と右足首骨折の既往歴。リハビリなども頑張っていたが、まっすぐ歩けないほどになったため当院に来院。

 

来院時の状況

明らかな跛行(歩行時に体が傾く)がみられる。仰臥位(あお向けで寝る)がつらく、股関節を深く曲げることができない。外出時は杖が手放せない。夜間にトイレに起きる際の腰下肢の痛みがつらい。

 

経過

1回目

筋緊張のバランスを取るため、膝周辺と股関節に鍼灸施術。歩行時の傾きが少なくなり、歩きやすさを実感。

2〜4回目(週一回)

同様の施術を継続。きつい痛みはほぼ出なくなり、リハビリの先生に「歩き方が良くなった」と言われるように。

5〜6回目(二週間に一回)

夜間の右下肢の違和感(熱く感じる)はたまにあるが、以前のように痛みに変わることはない。夜間のトイレがまだつらい。歩行状態は良くなっていることは実感している。

7回目〜(継続中)

歩き方もほぼまっすぐになり、夜間の痛みも少なくなっている。あお向けで眠れている。現在は2〜3週間に一回の施術を継続中。

 

院長より

リハビリを精力的に頑張っておられ、セルフケアの自宅施灸もして頂いています。「やっぱり定期的にやっといたほうが調子がいい」とおっしゃる通り、自己管理と施術をきちんと続けていくことが、より良い日常を取り戻すカギであることを認識させて下さいました。