五十肩

症例

【シートベルトを締める動きで右肩が痛む】

70代 男性

来院までの経過

ボランティア作業で重さのあるブイを持ちあげるなど、肩に負担のかかることが多かった。

4週間前にゴルフで振りかぶった際に右肩に痛みが出た。整形外科や整骨院を受診。電気、鍼、マッサージなどしてもらったが効果なく、一向に痛みが引かない。痛みは徐々に悪化し、夜中に痛みで目が覚めるほどになり、知人の紹介で来院。

 

来院時の状態

バンザイの姿勢はなんとかできるが、後ろに手を回す(結帯動作)、髪を洗う(結髪動作)が痛くてできない。腰や背中を触れない状態。特にシートベルトをつける動きで痛みが走り、ストレスになっている。

右肩周囲だけでなく、右腰~骨盤、右のスネなども硬さが見られた。

 

経過

1回目

腰や股関節の問題も大きいと考え、腰周辺の緊張を取り右腕の循環をよくする施術を行う。施術直後に右肩の動きに大きな変化はなかったが背中や腰の緊張にゆるみが見られたため様子を見てもらう。

2~3回目

4日おきに来院。肩のきつい痛みは少なくなりシートベルトも少しやりやすい。夜中の痛みは一度だけで、眠れている様子。肩こり感、だるさを感じる。肩のセルフケアをお伝えする。

4~8回目

日常生活での動作は徐々に問題なくなっている(車の運転、リモコンを取る、腕立て伏せなど)。肩を大きく回したり、ゴルフのスイングも可能になっている(思い切り振るのは怖さが残る)。結帯動作は腰の上あたりまで届く。

9回目

ゴルフや大きく動かす際には怖さは残るが、痛み自体はほぼ消失したためセルフケアを再確認し、一旦施術を終了。