腰痛

症例

【30分歩けない腰の痛みとだるさ】

70代 男性

来院までの経過

腰の痛みやだるさが取れにくくなり、太もものしびれ感が出てきた。徐々に歩きにくくなり、30分の間に1~2回休憩しないと腰が持たない。昔は腰痛は整形や整骨院ですぐ治っていたが、2年ほど前からなかなか治らなくなっている。家族や友人から「腰が曲がっている」と言われた。

 

来院時の状態

腰をそらすと痛みがあり、腰~太もものだるさ、つっぱり、しびれ感があった。腰~太ももの緊張が強い。歩いていても人に追い抜かれることが多くなり、このまま歩けなくなるのかと不安になっていた。

 

経過

1回目

腰椎の変形もあるとみられたが、一箇所の鍼で腰をそらす痛みが消失。日常生活での負担が大きいと思われるため、姿勢のポイントを伝えて実行して頂く。週一回程度で継続。

2回目

腰をそらす動きの痛みは無くなっているが横に倒すと少し痛む。30年ほど前にぎっくり腰をした時、鍼灸院で一回で治してもらったことがあり、「その時のような劇的な効果を期待していた」とのこと。

3~6回目

腰の状態は「痛み」から「つっぱり」「だるさ」に訴えが変化。動かした際の痛みやつっぱりも軽減。歩く速度は施術回を追うごとに「早くなっていると実感」。

7回目~

腰を伸ばして座れるようになり、20~30分なら休憩なしで歩ける。

腰のだるさは時々あるが、太もものしびれ感やつっぱりはほとんど感じない。

一旦施術完了し、以降はメンテナンスで3~6週に一回のペースで来院されている。

 

院長より

鍼に関しては最初、期待半分、不安半分で来院されました。ご自身の健康にも不安を持たれていたと思いますが、半信半疑ながらもお伝えしたセルフケアをきちんとこなしていただいたことが早期の回復の1番のポイントですよ!