適応疾患

自律神経症状

  • 布団に入ってもなかなか寝付けない、途中で目がさめる
  • 動悸や息苦しさが時々あって、しんどくてこわい
  • 休んでいるはずなのに疲れが取れない
  • 原因不明のめまいや頭痛がある
  • 肩こりや腰痛がスッキリしない

自律神経とは

自律神経とは、「人間の体を自動で調節してくれる」便利な機能のことです。自分でやろうと思わなくても、体が勝手にやってくれていることがたくさんあります。

例えば食事。ご飯を噛んで飲み込む。ここまでは自分の意思でやっていますね。そこから食道を通って胃に入り、食物から栄養を消化吸収して水分と分けて、残りカスは排泄するーー。こんな一連の流れを、体は勝手にやってくれます。消化器の動きはもちろん、唾液の分泌や気管支などのはたらき、心臓や血管の動き、各種ホルモンの分泌なども自律神経がコントロールしています。他にも目に入る光の量を調節したり、汗の出方にも関わります。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。大雑把な説明ですが、交感神経は「戦う(闘争と逃走)」、副交感神経は「休む(消化、睡眠)」ためのはたらきです。お互いにシーソーのようにバランスを取りつつ、生命を維持しています。

交感神経が働くのは外敵から身を守るときです。「体を動かす」方に指令が行きます。つまり「ストレス」を受けると交感神経は自動的に働きます。腕や足への血流を増やします。心拍数が上がり、血圧も上昇します。唾液は出なくなって口や喉が乾き、汗がたくさん出ます。酸素もたくさん必要なので気管が広がります。消化器官ははたらきが落ちるので尿や便は出にくくなります。脳も興奮状態になります。

副交感神経が働くのは体の休息時です。睡眠、消化吸収の方向に体を向けます。胃腸の働きが良くなり、唾液が増えます。心拍数が減って血圧が下がり、眠くなります。排泄もしやすい方向に向きます。酸素はそんなにたくさん要らないので気管は狭くなります。脳の働きは沈静化します。自律神経はどちらに偏り過ぎても症状が出るのですが、現代は「交感神経優位」の症状が多いようです。

ライオンとシマウマの例えがわかりやすい例としてよく用いられるのですが、シマウマが餌を食べている時は副交感神経優位=リラックスの状態です。シマウマがライオンに出会った時が交感神経優位=ストレスを受けている状態です。シマウマがライオンから逃げ切って一息つけば交感神経は一旦おさまります。

人間も同様で、ストレスから解放されれば自然にリラックス状態になれるのですが、特に現代は人間関係や仕事のことで四六時中悩み事があったり、加えて情報化高速化が進み、テレビやスマホ、パソコンから大量の情報が入ってきます。目からの刺激がたくさん入り続け(交感神経優位)、時間に関係なく活動できる時代になりました。常に「ライオンの前にいるシマウマ」の状態です。休んでいるつもりでも、自律神経は自分の意思ではコントロールできないので、体が休む方向に向かえないのです。

頭痛、めまい、頑固な肩こり、腰痛、内臓の不調、不眠、高血圧、、、様々な症状が現れます。病院での検査で特に異常がない場合も多くあります。鍼灸や整体の刺激は、自律神経に働きかけることで、諸症状を緩和改善していきます。施術後に「目がスッキリした」「気分が楽になった」「眠くなった」「お腹がグルグル鳴り出した」などは、交感神経の緊張が緩んでいるしるしです。

適応疾患一覧へ