適応疾患

五十肩

  • 夜中に痛んで眠れない
  • 運転や家事の最中に突然痛み、怖くて動かせない
  • 痛みや重だるさでゴルフなどの趣味を楽しめない
  • シップを貼っているのに治る気配がない
  • レントゲンで異常なしと言われたが痛みが引かない

「特に思い当たる原因がないのに、肩が上がりにくくなった」「肩を動かすと(またはじっとしていても)痛みが走る」という状態が「五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)」です。40〜60歳代に起こる方が多いようです。

そもそも肩関節はスポーツや日常生活で手を使いやすくするために、可動域(動かせる範囲)が大きくなっています。しかし反面、動きが大きい分「安定していない関節」でもあります。

肩関節は、大小たくさんの筋肉や靭帯がいろんな方向から支えていますが、使いすぎたり負担をかけすぎると、組織に炎症やコワバリ、癒着が起こり、「五十肩」になります。ふとした動きや、夜寝ているときなどに痛むなど、仕事や日常生活に支障をきたすことが多くあります。両方いっぺんに痛むことは少なく、たいていは左右どちらかだけに症状が出ます。

適応疾患一覧へ