適応疾患

頭痛

  • 朝から頭が痛む
  • 痛みで気分がすぐれず、仕事や家事に影響している
  • 薬を飲んでもあまり効かないし、飲み続けるのはこわい
  • 頭が重く、ぼーっとする
  • 肩こりや疲労感もあり、しんどい

頭痛について

風邪をひいた時、冷たいもの(アイスクリームなど)を食べた時、二日酔い、、など、頭痛は様々な場面で起こります。これらのように一時的なものも含めれば、ほとんどの方が経験しているのではないでしょうか。

慢性的な頭痛では、日本人では3000万人以上が悩んでいるといわれます。 「日常よくある」「頭痛くらい」と軽く考えがちですが、ひどくなると生活に支障をきたすほどの痛みや頻度になることもあります。また、命にかかわる病気が隠れていることもあります。頭痛と一言で言っても、その原因は様々で、それよって予防法や対処法が大きく異なるため、対処を間違えればかえって痛みが悪化するなど、逆効果になりかねません。

大きく分けると、頭痛は他の病気に由来しないもの(一次性頭痛)と他の病気に由来するもの(二次性頭痛)に分類されます。一次性頭痛は、痛みの程度にかかわらず命に危険のないものです。二次性頭痛は、見逃すと生命に関わる疾患もあるので注意が必要です。安易な自己判断(ネット情報のみを判断基準にするなど)は危険ですので、「おかしいな」と思ったら病院を受診することも大切です。

痛みのパターンと原因

こめかみや目の辺りがズキズキ痛む

「片頭痛」ではこのパターンが多くなるようです。月に1〜3度、数日間に亘って頭痛が出たり、不定期に同様の痛みが出る場合もあります。多くは顔頭部の片側に頭痛が出ますが、両側に出ることもあります。頭や首の付近の血管が拡張して起こるので、緊張から解放される休日前、寝過ぎや寝不足、疲労、空腹などで症状が悪化することが多い。頭の位置を変えると頭痛が悪化する
傾向があります。音/光/匂い/気圧や温度変化に敏感になることもあり、吐き気を伴うことが
少なくありません。痛みのために日常生活に支障をきたすことがあります。発作時は暗くて静かな場所で安静にしたり、患部を冷やすと有効な場合が多い。

「群発性頭痛」は、20~40代の男性に多く、一定期間(1〜3ヶ月)に集中して起こります。一回の頭痛発作は15分〜3時間、1日に1〜8回。痛みの程度はかなり強く、「じっとしていられない痛み」「転げ回るような頭痛」「目の奥をキリで刺されるよう」と言われます。まぶたの腫れや鼻づまり、発汗を伴うことが多い。アルコールが発作の引き金になるため、発作期間中は飲酒厳禁です。

首から頭が重く、ギュー、ジワーと締まるような痛み

「緊張性頭痛」に特徴的な痛み方です。首や肩の筋肉が凝って起こります。精神的/身体的ストレスや、デスクワーク/パソコン作業などで同じ姿勢が続いたり、目を酷使すると特に首肩の筋肉は凝りやすく、頭痛の原因になります。夕方にかけて増悪する傾向があり、目の疲れや体全体のだるさを伴うことが多い。うつ病などでもこのタイプの頭痛を訴えることがあります。コリを
緩めるために、体操やストレッチをしたり肩首を温めるのも頭痛解消に有効です。

すぐに病院受診したほうがいい場合

頭痛の様子が「突然」「いつもと違う」「頻度や程度が増してくる」「50才過ぎて初めて頭痛」「発熱と首のきつい強張り」のいずれかまたは複数が見られた場合、脳や血管の病変が隠れている可能性があります。放置せず、病院での診断を受けましょう。

適応疾患一覧へ