症状別

腰痛

  • 朝、起きしなに痛くて、朝からスッキリしない
  • 台所仕事で立っていると痛くて作業が終わらない
  • 座っているとすぐに痛だるくなり横になりたくなる
  • 太ももや足のシビレもあり、歩きにくい
  • レントゲンで異常なしと言われたが痛みが引かない

慢性腰痛とは

あるデータでは、日本で腰痛の経験がある人は2800万人。そのうちの85%の腰痛は原因不明であるー新聞などでも大きく報道されたので、ご存知の方も多いと思います。病院の検査などでも原因が特定できない腰痛を「非特異的腰痛」と言います。レントゲンやMRIで映った骨の変形などが、腰痛の直接の原因でないこともあります。

例えば「腰が痛いーレントゲンで腰の骨の変形があるーこれが腰痛の原因だろう」という図式が成り立たないことがしばしばあるのです。こういった原因不明の腰痛の多くは「心理的ストレス」が関与している、といわれています。驚くべき事実ーといいたいところですが、鍼灸の世界では随分昔から経験的にわかっていたことです。腰痛には実に多くのパターンがあることが、はるか昔の書物に記載されています。

ひとくちに腰痛といっても原因や悪化要因はひとくちでは説明し切れません。もしあなたが、何をしても良くならない腰痛に苦しめられ、どうせ良くならないとあきらめているならーどうか周りの噂やネット情報での自己判断はしないで下さい。「あなた」の症状を正しく改善するためには、「あなた」の腰痛の正体を見つける必要があるからです。もしあなたが当院の施術をまだ受
けていないのなら、症状は改善する可能性が高まります。

  • 足腰の麻痺や筋力の低下が著しい、どんな姿勢になっても痛みが楽にならないなどの症状がある方は、早急に病院での受診をお勧めします。

重度のぎっくり腰や腰椎の圧迫骨折など、組織が修復されるまで安静が必要なものもありますが、きちんとした体の使い方で動かしていくのも腰痛を改善する大切な要素です。当院では筋肉や筋膜、関節の問題、ストレスによる循環不全など、様々なアプローチで腰痛に対処していきます。また日常生活でのポイントや体操などもお伝えして、あなたの症状改善をお手伝いしています。

適応疾患一覧へ