症状別

坐骨神経痛

  • 朝、起きしなに痛くて、朝からスッキリしない
  • 台所仕事で立っていると痛くて作業が終わらない
  • 座っているとすぐに痛だるくなり横になりたくなる
  • 太ももや足のシビレもあり、歩きにくい
  • レントゲンで異常なしと言われたが痛みが引かない

坐骨神経痛とは

坐骨神経とは、腰から足の指先まで伸びている、人体で最も長い神経です。背骨の腰の部分から出た神経は骨盤の中を通り、お尻から出てきます。そのまま下に、太ももの後ろ〜膝の裏〜ふくらはぎを通り、足の指先まで伸びています。腰から下は常に筋肉に負担がかかるため、筋肉が疲れてくると、その間を通る神経が圧迫されたり筋肉の動きが制限されることで痛みや痺れの症状
が現れます。これが坐骨神経痛です。

坐骨神経痛は「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「梨状筋症候群」などから起こります。糖尿病などの代謝性疾患によって神経を栄養する血管が障害され、しびれや痛みが起こることがあります。ヘルニアや狭窄症は背骨の腰の部分(腰椎)周辺に起こる変形性の病変ですが、レントゲンやMRIでこれらの状態が見つかっても、必ずしも「即手術が必要」というわけではあ
りません。鍼灸や整体、運動、生活様式の見直しで改善する例もあります。「レントゲンに写ったから、もうあかん」と諦めず、ご相談下さい。

当院では筋肉や筋膜、関節の問題、ストレスによる循環不全など、様々なアプローチで神経痛に対処していきます。また日常生活での動作のポイントや体操などもお伝えして、あなたの症状改善をお手伝いしています。

適応疾患一覧へ