症状別

腱鞘炎・バネ指

  • 鍋やフライパンを持つだけで痛い
  • フタを開ける時に手首や指に痛みがはしる
  • だんだん重くなる赤ちゃんを抱っこするのが不安
  • 指が曲がりにくく、カクンとなる
  • できれば手術はしたくない

どこが痛くてもつらいものですが、人間が生活する上で「手が使えない」のは本当に不便です。特に腱鞘炎の痛みがあると、家事や育児、仕事にも支障が出ます。

特に腱鞘炎の痛みがあると、家事や育児、仕事にも支障が出ます。大した負担をかけていないつもりなのに「ビリッ!」と痛むので、怖さと不便さも合わさって、本当につらいものです。

たまにストレス解消に遊びに行ったり、スマホでラインをしていても痛みが気になって余計にイライラ・・・。病院で「とにかく手を使わないように。休めて下さい」と言われても、、、小さいお子さんがいたり家族の介護などがあると休めようにも休めません。サポーターをつけても、シップを貼っても一向によくならない。どんどん痛みはひどくなって、挙句に「手術しかない」と言われ、目の前が真っ暗、、。

そんな症状でお困りの方に知っておいて頂きたいことがあります。




腱鞘炎の種類

腱鞘炎は、大きく分けて2つの種類に分けられます。主に手首~親指の付け根の腫れや痛みを伴う「ドケルバン病」、指を動かすときにカクンと引っかかる「ばね指(弾発指)」です。

腱鞘炎って何?

指の骨についている腱が引っ張って指を動かします。この腱をスムーズに動かすために、腱の周りを覆っている組織があります。これが「腱鞘」です。

この「腱」と「腱鞘」が指を繰り返し動かすことで炎症が起こり、指や手首を動かすたびに痛みが現れます。炎症が慢性化すると通り道が狭くなり、指を動かすときに引っかかって「カクン」という動きになります。痛みを伴うこともあります。炎症がきついと、腫れたり熱を持ったりすることもあります。

親指を伸ばす筋肉の腱や腱鞘が炎症を起こして痛むものを「ドケルバン病」、指の動きが引っかかって、まるでバネのようにパチンと動くものを「バネ指(弾発指)」と言います。弾発指は、親指~小指の、どの指でもなる可能性があります。

原因は?

一番の原因は「手(指)の使いすぎ」によるものです。手(指)をよく使う仕事をする人に多く起こります。文字をたくさん書く人、楽器演奏家、最近ではパソコン作業やスマホの操作が原因であることも増えてきています。

女性に多いのも特徴的です。特に産後の女性に腱鞘炎が多いのは、赤ちゃんを抱っこすることで手にかかる負担が増えたというだけではありません。ホルモンのバランスが影響して、筋肉の強さや回復力に影響していると言われています。同様の理由で更年期以降(閉経後)の女性も腱鞘炎になりやすいです。

また、糖尿病などの内科的な病気があると指先などの末梢に血液が通いにくく、炎症を治す力が弱くなって腱鞘炎を起こしやすくなるようです。

対処法は?

使わずに済むなら、「安静」にするのが一番です。炎症性の症状はまず「炎症を起こす原因を排除する」のが最も効果的です。

しかし、多くの方は「だからと言って休めない」という方が多いと思います。また、指や手首だけを休めても解決にならないことも多いです。

なぜなら、人間の体は肩や首を始め、全身のいろんな部位が関連して動いています。「手首が痛いから手首に治療をする」だけでは、なかなか症状は改善しません。

当院では「筋膜」「内臓」「骨格」の調整を行い、全身のバランスを整えることで症状の改善を目指します。また、日常生活での注意点や安全で効果的な体操法などをお伝えして、より早期に改善する方法を、あなたと見つけて行きます。

適応疾患一覧へ