プロフィール

腰の痛みやだるさ、頭痛、、、長年付き合う中で自己流のストレッチや痛み止めでごまかしてきたけど、本当はつらくてしょうがないと感じていませんか?


あなたは、なかなか良くならない症状にお悩みの方でしょうか。

それとも大切な方のために、良い方法はないかとお探しでしょうか。
 
「頑張って無理して家事をこなしてるのに、心配もしてもらえない」
「歳のせいと言われ、このまま悪くなっていくのかと不安になる」
「痛みがぶり返すたびに『ああ、またか、、』とイヤになる」
「誰も私のつらさをちゃんと理解してくれない」
 
お気持ち、お察しします。
当院にはこういったお悩みを心に秘めて来院される方が少なくありません。
 
あなたの痛みが良くならないのは、決して「歳のせい」でも「甘えているから」でもありません。
お体の負担に対して「正しいケア」ができていないからです。
 
痛みは本来、体の異変を教えてくれるアラームです。 鳴り続けていては落ち着いて日々を過ごせませんよね。
 
一刻も早く痛みを消したくて薬を飲んだり、色々な病院、治療院などに通い、その度に「今度こそよくなるかも!」と期待して、でも治らなくて、、、を繰り返してこられたのかも知れません。
 
当院では「痛みをとる」ことだけを目標にしません。 「アラームが鳴ったら消すだけ」を続けていれば、いつか体は壊れてしまいます。
 
本当のゴールは体を調え、正しいケアを知り、
「痛みを出さなくて良い体になること」です。
 
そうすることで「動けなくなるかも」「何か重い病気かも」「周囲の人にがっかりされるかも」という不安にさいなまれず、痛みのせいで我慢していたことを出来るようになります。
 
ご自身にも、周りの大切な方にも笑顔でいてほしい。 心からそう願っています。
当院は責任を持ってそのお手伝いを致します。
<慢性の痛み。当院はこう考えます>
 
慢性症状の多くは筋肉や神経、関節はもちろん、日常生活のリズム、気候の問題など、様々な要因が複雑に絡みます。
問診で丁寧にお話を伺い、当院独自の検査であなたのお体の状態を把握して、より的確に痛みの原因を見つけ出します。
お体がバランスを崩している、その原因に的確に施術するので無理なくきちんと回復に向かえるのです。
 
でも、そうは言っても「今回も良くならなかったらどうしよう」という不安もあると思います。
 
私が鍼灸師になった当初、症状が重く何ヶ月何年も痛みに苦しんでいる、という患者さんが来られるとどうしていいかわからず途方に暮れていました。
「腰が痛いから腰に鍼を」「〇〇に効くと言われているツボに刺す」ということしかできませんでした。 いや、これも痛みの治療として正しい方法ではあるのですが、その先=実践的な理論や見立てができていなかったのです。
 
なかなか回復しない患者さんを前に、言い訳をするように焦りながら説明し、悔しくて情けなくて申し訳なくて、必死で理論や技術の勉強をしました。 書籍やDVD、講習会にもたくさん参加し、中でも「関西漢法苞徳の会」で学んだ伝統鍼灸の身体観や理論は多面的に人体や症状を捉える大きなヒントとなり、現在の治療法の柱となっています。
 
鍼灸のことだけでなく、生理学、運動学や整体にもヒントを求めて勉強しました。 学んだことは即、自分の体を使って実験しました(おかげで自分の体に鍼を打つのがとても上手になりました。手がとどく範囲は大体自分で治療できます笑)
 
学びを深めていくうちに気づいたことは、
<痛みや症状を追いかければ追いかけるほど、実は治りにくくなっていく>
<原因となる体のバランスを調えれば、結果的に痛みから解放されていく> ということでした。
 
現在は「どんどん良くなる鍼灸施術」をモットーに、日々施術を提供しています。学問や技術のスキルアップも休みことなく続けています。
 
私の最大の喜びは
「先生、おかげで痛みなく孫と遊べたよ!」
「今年も旅行に行けたよ!」
というお声を頂くことです。至福の時間です。
 
良い方に向けてあげれば、体は必ず良くなっていきます。
あきらめずに、当院にご相談ください。
勇気を出して一歩を踏み出したあなたに、当院は責任を持ってお力になります。
 
 
にしだ鍼灸治療院 院長のプロフィール

西田 大祐(にしだ だいすけ)

<出身>   兵庫県津名郡淡路町(現 淡路市)
<生年月日> 1974年1月22日
<資格>   はり師 きゅう師 認知症サポーター
<経歴>   県立明石西高校卒業〜近畿大学商経学部卒業
      〜大阪鍼灸専門学校(現 森ノ宮医療学園)卒業

東大阪市の鍼灸整骨院で13年間勤務。分院の鍼灸部門担当→本院副院長を歴任。
その後、併設する介護施設(通所介護、訪問介護、福祉用具)の責任者を兼任。
介護事業と鍼灸の二足のわらじを履き、要介護状態の方の施術も多く経験する。

2011年 神戸市須磨区で「訪問はり灸」開業
2014年 須磨区高倉台で施術所を開院

<講師歴> 鍼灸師の学術を研究/向上を目的とした団体で、4年間講師を務めました。

現在も東洋西洋を問わず様々な勉強会や講習会に定期的に参加し、より良い施術を提供できるよう、学び続けています。

にしだ鍼灸治療院の理念

自力で回復できるカラダを手に入れる

当院は体の痛みやしんどさ、痺れなど様々な症状は「疲れて固くなる」ことが原因だと考えます。

では、何が「疲れる」のか?筋肉?神経? それだけではありません。

疲れるのは筋肉(筋膜)や関節、内臓、神経、脳・・・・ 身体の様々な要素が「疲れ」「固まり」、バランスを崩した結果、症状が起こります。

例えば、日々の仕事や家事育児などでは、無理がかかる姿勢をとらざるを得ないことが多くあるでしょう。

人間関係や身の回りの出来事で、悲しみや怒り、ストレスを受け、気持ちを切り替えにくいこともあるでしょう。

生活スタイルによって食事の時間が不規則だったり、食べ過ぎ/食べなさ過ぎは消化器に負担をかけます。

「いつも梅雨時になるとしんどくなる」など、気候の変化に体調が左右されたり。

こういった様々なことが影響して、体の痛みや不調として現れます。

とはいえ、全てにパーフェクトな生活を送っていける人はほとんど居ないでしょう。また、その必要はないと思います。

世の中には数え切れないほどの健康法がありますが、「これさえやっておけば大丈夫!」という健康法は、実はあまりありません。

ある状態にはよく効いても、状態が変化すると効果が少なかったり、かえって害になることもあります。

大切なのは「今のあなたに合ったもの」を取り入れ、ニュートラルな状態(=回復しやすい状態)を保つことです。

当院は、あなたのお身体の状態をチェックし、あなたが「今、必要なこと」を施術やアドバイスとして提供できる鍼灸院であり続けたいと願っています。

当院ができる最大限の誠意と技術で、あなたのお力になることを約束します。

店舗情報

にしだ鍼灸治療院

住所:
神戸市須磨区高倉台8−4−13
JR須磨駅、地下鉄妙法寺駅から市バス75系統「高倉台8丁目」下車徒歩1分
  • 祝日OK
  • 完全個室
  • Pあり

いますぐお電話!おまかせ下さい! 

電話:
078-767-8209(予約制)
受付時間:
月~土 9:00~18:00
(水・土は13:00まで)